Home » Woodnsの物語 » 抽象的な2の謎

抽象的な2の謎

絵画の分析は行わ

絵画の分析は行わ - WOODNS
しかし、それはここで終わるわけではありません。私達が今行って絵画の検討に移りましょう。我々の分析の最後に、我々はさらに不穏な詳細を実現。最初の観測は、私たちは絵の主題を明確に考えるように導く。センターでは、前の画像に見られるように、我々はこの偉大な眼の画像を取る。常に彼が行うイニシエーションの研究は、神の眼の描写になることが、実際には物事のような完全なビジョンを表す念頭に置き、すべての神の全能と全知のシンボルを見ている。
仕事を終えるために色の選択は(つまり、唯一の4色を使用して)、この仮説に意味と継続性を与えるために力を持つことになります。キリスト教の宗教では、青、白と赤が人気の図像としてそれらに割り当てられた値は、SSの色を表しているトリニティ。父が白と聖霊のための赤が息子のための青、。第4色用として、すなわち黒、我々は、おそらくそのアンビバレンスで使用されたと言うことができます。象徴的、夢の中で、黒は死や悲しみだけでなく、発芽と復活を表します。上述したように、仕事は二つの異なる部分で、唯一の中央の主題による接続の両方で構成されています。それは二つの重要な要素が含まれている左側:トップハットと下部ボールとフィギュア。彼らが目に入ると穴を開けるためにであるかのように、両方動いているように見えるボディ。その後、同じ数字が再度表示されます、右側、両方の色と形で実質的な相違、と。まるで彼らは架空の移行にと何かを購入するのと同じ時点で失っていた。
考慮人物を撮影、我々は最初の式が成熟し、経験したことがわかります。帽子の面積は、被写体の目を隠すためにほぼ完全に行く、蛇紋石の一種で、深い青、顔にもダウンした色で描かれている。右上に相当する図は、しかし、この色の完全に欠いている。 、恥ずかしがり、若いと式が彼の目を大きく開け、彼の驚きを示したが表示されます。世界が一緒に思想に大きさと重さで、隣接するボックスで、自身がこれらすべての機能を奪わ見つかった左の青、のフルです。硝子と、それが再び表示さどこに明るく。我々は、青色が神の人間的側面にリンクされている、そして、人間性のすべての情熱にいくつかの言葉で、我々は具体的な想定できる、つまり、以前考え何を考慮に入れて今なら、そのゲートを介して"別世界の(写真の上部中央に表される)、あなたが負担するより多くの負担があるところで、この新しい次元に入って来る、それは軽くなる。ではないだけに、本実施形態の取り除けますか、だけでなく、一時的に離れて土地のすべての荷物を与えます。
思考、言葉、作品は、すべて一緒に我々は、同封の貨物で、その青色を見つけ、その城には右上(下図)に示す。マナーでは、塔に到達するまで徐々に来て様々な部屋に分かれて。すべてが徐々に上映してパージされた、へアクセスするまでラメゾンデューは、マルセイユタロットのタワーのように定義されているカタルシスの旅である要塞、、。秘儀、最後悲惨な秋(死)の経験は、間違いなく機会その使者が進化の変換である贖罪の場所として見られる。物事や人間や人生観の異なるビューをオンにすることができる変態、。その究極の復活として持ってリニューアルしました。この建物は有名な9、ここに倍増する番号が含まれている菱形を搭載しています。黒一一赤。 one懸念いくつかコロンブス以前の文化において、神の眼を示した轟音、、他の値:議論するあまりがあるので我々は分裂の問題に取り組むことはありません、しかし、それは表現の領域を排出するために2つの事柄を指摘することが重要です。 9の、より高い活動を象徴する、単純な数字の最大とすること。出発の数は、実際には、複数の存在のサイクルとは、したがって、開始を表します。
(次ページにつづく)

人間の姿は、命式を持っています

人間の姿は、命式を持っています - WOODNS

図は、青色を欠いていると、より臆病と若いが表示されます

図は、青色を欠いていると、より臆病と若いが表示されます - WOODNS

あなたが塔に到達するまでこの城は、いくつかの部屋に分かれていま&#1237

あなたが塔に到達するまでこの城は、いくつかの部屋に分かれていま&#1237 - WOODNS

ゲートを通過

Jutta Brandt-Stracke

Jutta Brandt-Stracke - WOODNS

Il Maestro Angelo Lazzano , Presenta :

Il Maestro Angelo Lazzano , Presenta : - WOODNS

Ritratti Dedicati. (Serie limitata ) Vuoi far parte di questa preziosa collezione ? Puoi farne parte anche tu e se vuoi anche la tua famiglia ! Visita la mia pagina ,Clicca sul link!

Luigi Fiorin:Partecipa ad IX Expo Punta Arte 2017

Luigi Fiorin:Partecipa ad  IX Expo Punta Arte 2017 - WOODNS

Luigi Fiorin "La nascita di una nuova era " Visita la sua pagina .(clicca sul link )

Link

Link - WOODNS

Un blog - piattaforma, condiviso e collettivo, nato per configurare un altro sistema dell'arte attraverso una rappresentazione di rete fatta d'auto promozione e produzione tra artisti radicati nelle loro comunità, nessun filtro tra l'artista ed il suo pubblico.

Maurizio Caggiano "MAO"

Maurizio Caggiano "MAO" - WOODNS

Tra le varie forme d'arte , ne esiste una molto antica e nobile. Stiamo parlando della BOXE...

L'immortalità di un ritratto

L'immortalità di un ritratto - WOODNS

Marianna Mordocco, L' immortale ed indiscreto fascino del ritratto.

WOODNS